薬

薬で不眠症を治す

不眠症の治療法の1つとして、睡眠薬を使った薬物治療があります。
20世紀前半からあった不眠症治療薬としての睡眠薬ですが、今の睡眠薬は、その殆どが精神安定剤といえるでしょう。
精神安定剤は、不眠症以外にもうつ病などの治療にも服用され、興奮してしまった神経を治める鎮静作用と、脳を眠らせる睡眠作用という2つの効果を持っています。

現在主流となっているのは、より副作用が出ない安全性が認められているベンゾジアゼピン系の睡眠薬であり、この系統の睡眠薬を利用することで、不眠症への治療効果を見込めます。
主な作用としては、脳の睡眠中枢という箇所の働きを強めることで、眠気を喚起する睡眠作用、筋肉を弛緩させることで、緊張を解す筋弛緩作用、さらに精神的にも緊張を取るための抗不安作用があります。
睡眠薬を正しく利用することで、様々な治療効果を得ることが出来ますが、同時に使い方を誤ってしまうことで正しい効果が得られなかったり、副作用が強く出てしまう可能性があります。

その副作用は様々な危険性があるために、使用方法をきちんと理解しておくことが非常に大切です。
例えば、催眠作用は、その効果が翌日まで持ち込まれてしまうと日常生活に支障を及ぼす可能性もありますし、筋肉弛緩作用によって体が思うように動かなかったりなど、様々な可能性が考えられます。
とくに子どもや高齢者、妊婦の方になると、さまざまな副作用が考えられるので専門医にかかったり、睡眠薬の使用を控えましょう。

現在使用されているベンゾジアゼピン系睡眠薬は今までの睡眠薬の作用が強すぎたことで開発された睡眠薬であることから、特に重篤な副作用や依存症の報告はありません。
しかし、きちんと服薬方法を守らなければ、なにかしらの副作用で困るということは確かです。
そのような副作用が起きないようにするためにはいくつか注意すべきことがあります。

まずは、薬自体を理解することです。
作用が開始する時間、さらに作用の持続する時間、そしてその作用がどのようなものなのか。
これらを理解することで最も効果の出る使い方、そして副作用の出にくい方法を実行する事ができます。
薬の服用方法は医師の指示に良く従い、決められた時間、用量で利用しましょう。
以上のことを守り、何か異常があればすぐに医師にかかることが最も安全に、そして効果的に睡眠薬を活用して不眠症治療を行うことが出来ます。

このページの先頭へ