薬

不眠症に睡眠薬は効く?

不眠症の治療薬といえば睡眠薬が有名です。
しかし、睡眠薬を多用することで自殺することなどの事件もののドラマや映画が多いことから、
危険なイメージを持つ人も少なくないでしょう。
しかし、実際には、多量摂取などの極端な使用法をしなければ、睡眠薬とは臨床的にも安全性が確立された、不眠症に効く効率のよい治療薬なのです。

睡眠薬には4つの種類があります。
睡眠薬の種類は効果持続時間によって分類されます。
さらに、入眠困難や早朝覚醒などの不眠症の症状の違いによっても使われる薬は変わってきます。

・超短時間作用型
超短時間、というだけあって、最も効果持続時間が短いものです。
その分効果が現れるのが早く、入眠困難の人におすすめです。

・短時間作用型
超短時間型より若干長い持続性をもつこの型は、入眠時には効果が発言しないので、夜中に起きてしまう中途覚醒に効きます。

・中間時間作用型
短期間型よりさらに効果が続くので、朝方での効果の発現が期待出来ます。
そのため、早朝覚醒で悩む高齢者の方を中心に効果のある不眠治療薬として使用されています。
高齢者が中心になってしまう理由は、若い人であれば、効果が翌日まで持ち越してしまう可能性があるためです。

・長時間作用型
最後に挙げられるのは、長時間型です。
効果持続時間が長いので、継続的な効果が必要な、うつ病などの精神疾患が強い人に最適です。
この場合、睡眠薬は眠りのために服用する以上に、体の緊張感や精神的な不安感を和らげる作用があります。

さらに、睡眠薬には、含有成分によっても分類されます。
現在処方されている睡眠薬には、大きく2つ、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系があります。
ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系は、分類されていますが作用する場所は一緒です。

いずれも私達の感情を司る脳の大脳辺縁系という場所に作用し、不安や緊張といったストレスの要因を鎮静していきます。
比較すると、非ベンゾジアゼピン系の方が副作用が軽いのですが、その持続時間は短い場合が多いです。
これら不眠治療用の薬品は、決して自己判断で服用せず、自分の症状やライフスタイルを考慮した上で希望を専門医に相談してみましょう。

このページの先頭へ