薬

不眠症ってうつ病とは違うの?

不眠症とうつ病の一番の違いというのは、不眠であるということを自覚しているか、という点が大きいようです。
不眠症の人は、’眠れない‘、ということは自覚しています。
その原因が何であるかわかっていないにしろ、眠りたいのに眠れないので自分の欲求がよくわかっています。

不眠症の人は、不眠のための倦怠感などの症状はあっても、元気な時は元気で、ポジティブな思考も可能です。
そのため、周囲の人が、この人は疲れているのか?と思っても、不眠症だとは思わない場合が多いようです。
もちろん、ナルコレプシーや重度の不眠症になれば周囲から心配されるかもしれませんが、基本的に本人は元気に写るパターンがおおいです。

対してうつ病となると、眠りたいから眠れないのではなく、うつ状態でやる気がでないので、‘眠れない’、のではなく‘行動できない’ので、不眠を訴える人は少ないと言われます。
また、うつ病になると、日中は眠気ではなく、むしろ倦怠感ややる気の無さが先に出てしまうので、不眠症の人よりもわかりやすい場合があります。
このような違いはありますが、不眠症が発展してうつ病になる可能性もありますし、逆の可能性もあります。

不眠症のせいで日中作業に集中できず、周りからの評価が下がってしまうと、もっと頑張らないと、と心身ともに疲れ果ててしまってうつ病になってしまうこともありますし、逆にうつ病の結果、眠れなくなって不眠症になってしまうこともあります。
しかし、これらに反して、うつ病のみ、不眠症のみ、ということも考えられます。
そのため、場合によっては不眠症なのにうつ病、うつ病なのに不眠症、さらには両方なのにどちらか片方、と診断されることがあります。

うつ病と不眠症の診断間違いがあれば、非常に厄介な問題が発生することがあります。
例えば、うつ病だと判断され、向精神薬を処方された場合です。
この薬はうつ病には効きますが、不眠症であれば、眠りを導入してくれる副交感神経の作用を抑えてしまい、逆の作用を及ぼす交感神経を活性化してしまいます。
この結果、不眠症を悪化させてしまうことがあるので、場合によってはセカンドオピニオンを求めることも薦められるかも知れません。

このページの先頭へ